ミキのKYOTOcast(キョットキャスト) ~切り拓け!京都挑戦組!~ supported by 京セラ

ニッポン放送

京都を愛する京都出身のミキが、チーム一丸となって何かに挑戦している「京都に縁のあるゲスト」を呼び、その挑戦にまつわるエピソードや裏側を聴いて、応援していくPodcast。チームとは?挑戦とは?チームで目的を達成するための秘訣は?そして、ふるさと”京都”とは!?そんな熱い想いをミキの2人と共に語っていきます!

read less
ComedyComedy

Episodes

Ep.105「『MKタクシー』ハイヤー部・山口紗季さんオススメ、本当は教えたくない!京都桜スポット~!」
Apr 3 2024
Ep.105「『MKタクシー』ハイヤー部・山口紗季さんオススメ、本当は教えたくない!京都桜スポット~!」
京都府出身・ミキの二人が、京都に縁のある“チームで挑戦している人”をゲストに迎え、その挑戦にまつわるエピソードや裏側を掘り下げます。 今回のゲストは、『MKタクシーのハイヤー部・山口紗季さんです。』『MKタクシー』は、1960年、京都でわずか10台のタクシーからスタートしました。ドライバーは「ありがとうございます」どころか、ひと言も発しないのが業界の常識だった時代に「ありがとう運動」を開始。翌1972年には身体障害者優先乗車を実施するなど業界に先駆けたチャレンジの連続で全国の利用者の心を掴みました。現在は、全国8都市に拠点を置き、サミットや即位の礼といった国際的なイベントにおける要人や関係者の送迎も担い、タクシー・石油・観光バス・警備など、さまざまな事業を展開するまでに成長しました。 今回は、『山口紗季さんオススメ、本当は教えたくない!京都桜スポット~!』を伺います。旧Twitter、Xは「#KYOTOcast」でつぶやいて下さい。 番組の感想、あなたのチームにまつわるエピソードも募集中!メールは kyoto@1242.com までお送りください。See omnystudio.com/listener for privacy information.
Ep.104「『MKタクシー』経営企画部・山名康晴さんと、ハイヤー部・山口紗季さんが語る、業界の常識を覆す様々なチャレンジとは!」
Mar 27 2024
Ep.104「『MKタクシー』経営企画部・山名康晴さんと、ハイヤー部・山口紗季さんが語る、業界の常識を覆す様々なチャレンジとは!」
京都府出身・ミキの二人が、京都に縁のある“チームで挑戦している人”をゲストに迎え、その挑戦にまつわるエピソードや裏側を掘り下げます。 今回のゲストは、『MKタクシーの経営企画部・山名康晴さんと、ハイヤー部・山口紗季さんです。』『MKタクシー』は、1960年、京都でわずか10台のタクシーからスタートしました。ドライバーは「ありがとうございます」どころか、ひと言も発しないのが業界の常識だった時代に「ありがとう運動」を開始。翌1972年には身体障害者優先乗車を実施するなど業界に先駆けたチャレンジの連続で全国の利用者の心を掴みました。 現在は、全国8都市に拠点を置き、サミットや即位の礼といった国際的なイベントにおける要人や関係者の送迎も担い、タクシー・石油・観光バス・警備など、さまざまな事業を展開するまでに成長しました。今回は、山名さん、山口さんに『業界の常識を覆す様々なMKタクシーのチャレンジ』について伺います。 旧Twitter、Xは「#KYOTOcast」でつぶやいて下さい。番組の感想、あなたのチームにまつわるエピソードも募集中!メールは kyoto@1242.com までお送りください。See omnystudio.com/listener for privacy information.
Ep.103「『いす-1グランプリ』の生みの親、田原剛さんがミキに イス1グランプリを世界に広める方法、オリンピックの種目になるにはどうしたらいいのか?を相談」
Mar 20 2024
Ep.103「『いす-1グランプリ』の生みの親、田原剛さんがミキに イス1グランプリを世界に広める方法、オリンピックの種目になるにはどうしたらいいのか?を相談」
京都府出身・ミキの二人が、京都に縁のある“チームで挑戦している人”をゲストに迎え、その挑戦にまつわるエピソードや裏側を掘り下げます。 今回も、ゲストは、『いす-1グランプリ』生みの親であり、日本事務いすレース協会代表理事・田原剛さん。『いす-1グランプリ』とは、日本事務いすレース協会(JORA)が監修する2時間の間に事務いすを使ってコースを何周走れるかを競う耐久レースです。 誕生は2010年、京都府京田辺市のキララ商店街。『どんなに過酷な状況下においても決してあきらめない』大人の背中を 子供たちに見せる事を通じ、全国各地の青少年の健全育成と地域経済活性化を目的としており、現在では日本国内 30か所以上で開催され、メディアやSNSを通して、世界が注目する大会になっています。 一度見たら忘れる事ができないインパクトのある光景が見所で、現在も2023-2024シーズンが絶賛開催中です。 今回は恒例の対決企画です。田原さんからのお題は、「イス1グランプリを世界に広める方法、オリンピックの種目になるにはどうしたらいいのか?」。 旧Twitter、Xは「#KYOTOcast」でつぶやいて下さい。番組の感想、あなたのチームにまつわるエピソードも募集中!メールは kyoto@1242.com までお送りください。See omnystudio.com/listener for privacy information.
Ep.102「『いす-1グランプリ』生みの親であり、日本事務いすレース協会代表理事・田原剛さんが語る、 『いす-1グランプリ』の魅力、田原さんの挑戦とは!」
Mar 13 2024
Ep.102「『いす-1グランプリ』生みの親であり、日本事務いすレース協会代表理事・田原剛さんが語る、 『いす-1グランプリ』の魅力、田原さんの挑戦とは!」
京都府出身・ミキの二人が、京都に縁のある“チームで挑戦している人”をゲストに迎え、その挑戦にまつわるエピソードや裏側を掘り下げます。今回も、ゲストは、『いす-1グランプリ』生みの親であり、日本事務いすレース協会代表理事・田原剛さん。『いす-1グランプリ』とは、日本事務いすレース協会(JORA)が監修する2時間の間に事務いすを使ってコースを何周走れるかを競う耐久レースです。誕生は2010年、京都府京田辺市のキララ商店街。『どんなに過酷な状況下においても決してあきらめない』大人の背中を 子供たちに見せる事を通じ、全国各地の青少年の健全育成と地域経済活性化を目的としており、現在では日本国内 30か所以上で開催され、メディアやSNSを通して、世界が注目する大会になっています。一度見たら忘れる事ができないインパクトのある光景が見所で、現在も2023-2024シーズンが絶賛開催中です。 今回は、田原さんに『いす-1グランプリ』とはなんなのか、そして魅力、独創的な大会が始まったキッカケをお伺いします。旧Twitter、Xは「#KYOTOcast」でつぶやいて下さい。 番組の感想、あなたのチームにまつわるエピソードも募集中!メールは kyoto@1242.com までお送りください。See omnystudio.com/listener for privacy information.
Ep.101「京都北部最大級の音楽フェス 『MAIZURU PLAYBACK FES.』実行委員長の金村峰土さんが 愛してやまない地元・舞鶴について相談したい事とは?」
Mar 6 2024
Ep.101「京都北部最大級の音楽フェス 『MAIZURU PLAYBACK FES.』実行委員長の金村峰土さんが 愛してやまない地元・舞鶴について相談したい事とは?」
京都府出身・ミキの二人が、京都に縁のある“チームで挑戦している人”をゲストに迎え、その挑戦にまつわるエピソードや裏側を掘り下げます。今回も、ゲストは、京都北部最大級の音楽フェス『MAIZURU PLAYBACK FES.』の実行委員長の金村峰土さん。『MAIZURU PLAYBACK FES.』は、京都の北部に位置し、引き揚げの港で知られる“再会の街”・舞鶴で行われる「再生と再会」をテーマにした新しい音楽フェス。音楽を愛する舞鶴の有志で構成された 実行委員会によって、2023年4月29日に初開催されました。 初開催となった去年のフェスでは、メインステージの出演者としてUVERworld、Creepy Nuts、C&K、清水翔太さん、優里さん、WANIMAといった アーティストが並び、初年度の開催で15,000人が賛同。大成功を収めました。今年も4月に第2回の開催も決定しています。 今回は恒例の対決企画です。金村さんからのお題は、「京都の“舞鶴”の知名度を上げる方法を考えて欲しい!」。 旧Twitter、Xは「#KYOTOcast」でつぶやいて下さい。番組の感想、あなたのチームにまつわるエピソードも募集中!メールは kyoto@1242.com までお送りください。See omnystudio.com/listener for privacy information.
Ep.100「京都北部最大級の音楽フェス 『MAIZURU PLAYBACK FES.』の挑戦を実行委員長の金村峰土さんに 紹介して頂きます。」
Feb 28 2024
Ep.100「京都北部最大級の音楽フェス 『MAIZURU PLAYBACK FES.』の挑戦を実行委員長の金村峰土さんに 紹介して頂きます。」
京都府出身・ミキの二人が、京都に縁のある“チームで挑戦している人”をゲストに迎え、その挑戦にまつわるエピソードや裏側を掘り下げます。今回のゲストは、京都北部最大級の音楽フェス『MAIZURU PLAYBACK FES.』の実行委員長の金村峰土さん。『MAIZURU PLAYBACK FES.』は、京都の北部に位置し、引き揚げの港で知られる“再会の街”・舞鶴で行われる「再生と再会」をテーマにした新しい音楽フェス。音楽を愛する舞鶴の有志で構成された 実行委員会によって、2023年4月29日に初開催されました。初開催となった去年のフェスでは、メインステージの出演者としてUVERworld、Creepy Nuts、C&K、清水翔太さん、優里さん、WANIMAといった アーティストが並び、初年度の開催で15,000人が賛同。大成功を収めました。今年も4月に第2回の開催も決定しています。今回は、金村さんに『MAIZURU PLAYBACK FES.』の魅力、驚きのフェスが始まったキッカケをお伺いします。旧Twitter、Xは「#KYOTOcast」でつぶやいて下さい。番組の感想、あなたのチームにまつわるエピソードも募集中!メールは kyoto@1242.com までお送りください。See omnystudio.com/listener for privacy information.
Ep.99「京都マラソン実行委員会、事務局次長、齋藤尊久さんがミキ相談したい事とは?」
Feb 21 2024
Ep.99「京都マラソン実行委員会、事務局次長、齋藤尊久さんがミキ相談したい事とは?」
京都府出身・ミキの二人が、京都に縁のある“チームで挑戦している人”をゲストに迎え、その挑戦にまつわるエピソードや裏側を掘り下げます。 今回のゲストは、京都マラソン実行委員会、事務局次長、齋藤尊久さん。京都マラソンは、2012年3月11日に、京都府京都市で第1回大会が開催された、大規模な市民参加型マラソン大会。市民スポーツの振興はもとより、全国・世界中からランナーやその同伴者を迎え、京都の魅力を国内外に発信することによる都市格の向上や、京都の活性化に繋がる、公益性の高い事業として開催されており、今年13回目は、先日2月18日に開催され無事、終了しました。古都・京都を駆け抜けるレースとして国内外から人気を集め、毎年約16,000人のランナーが出場しています。 今回は恒例の対決企画です。齋藤さんからのお題は、「京都マラソンの魅力をもっと多くの人に広める方法を考えて欲しい!」。このお題に、ミキの二人が一生懸命考えます。 旧Twitter、Xは「#KYOTOcast」でつぶやいて下さい。 番組の感想、あなたのチームにまつわるエピソードも募集中!メールは kyoto@1242.com までお送りください。See omnystudio.com/listener for privacy information.